諸法(読み)ショホウ

大辞林 第三版の解説

しょほう【諸法】

〘仏〙
すべての事物・現象。万法。万有。
さまざまの教え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐ほう ‥ホフ【諸法】

〘名〙 (「法」はdharma の訳語) 仏語。一切の有形および無形のあらゆる事物。万法(まんぼう)。諸有(しょう)。〔法華義疏(7C前)〕
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「有作無作(うさむさ)の諸法の相を見ざる所」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の諸法の言及

【諸法実相】より

…仏陀の〈さとり〉の世界から見た森羅万象の真実のすがたという意。諸法とはあらゆる存在,実相とはありのままの真実のすがたのこと。《法華経》の方便品(ほうべんぼん)には,この実相の世界は仏陀の知見したもうところ(仏知見)によってすべて絶対平等である真実のすがたが照らし出されると説かれる。…

※「諸法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android