コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽炎 かげろうheat haze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陽炎
かげろう
heat haze

直射日光で熱せられている地面の上や,焚き火の上などを通して遠くを見たとき,遠方物体が細かくゆれたり形がゆがんで見える現象。空気が局部的に熱せられて対流が起こり,局所的に密度が変化するため屈折率が変化し,そこを通る光線の向きが種々の方向に変化することによって起こる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かぎろい〔かぎろひ〕【陽炎】

かげろう。
「―のもゆる荒野に白たへの天領巾(あまひれ)隠り」〈・二一〇〉
夜明け方の光。
「東(ひむがし)の野に―の立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」〈・四八〉

かげろう〔かげろふ〕【陽炎】

春の天気のよい穏やかな日に、地面からのような揺らめきが立ちのぼる現象。強い日射で地面が熱せられて不規則な上昇気流を生じ、密度の異なる空気が入りまじるため、通過する光が不規則に屈折して起こる。かぎろい。糸遊(いとゆう)。 春》「丈六に―高し石の上/芭蕉

よう‐えん〔ヤウ‐〕【陽炎】

かげろう」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かげろう【陽炎】

日ざしの強い日に舗装道路の路面近くを通して遠くを見ると,景色がゆらゆらとゆれて見える。このような現象をかげろうと言う。地物や地面に日が当たると,そこが熱せられ,そのそばの空気も暖まって,上昇気流となって上へ昇る。この時まわりの冷たい空気といり乱れ,そこを通る光線が不規則に屈折するために起こる現象である。星の瞬き(シンチレーション)も似た原因でおこる。俳句では春の季語になっているが,春に限って起こる現象ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かぎろい【陽炎】

かげろう。 「 -の燃ゆる春べとなりにしものを/万葉集 1835
明け方の空の明るみ。曙光しよこう。 「東ひむがしの野に-の立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ/万葉集 48

かげろう【陽炎】

春、晴れた日に砂浜や野原に見える色のないゆらめき。大気や地面が熱せられて空気密度が不均一になり、それを通過する光が不規則に屈折するために見られる現象。「かげろう(蜉蝣)」に通じさせて、はかないもののたとえに用いる。糸遊いとゆう[季] 春。 〔漢語で「遊糸ゆうし」というところから、早春や晩秋にクモの子が糸を引いて飛ぶものをいったとする説もある〕
[句項目]

ようえん【陽炎】

かげろう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陽炎の関連キーワードM.K. プレストンビッグバァーンキモサベポン太星のまたたき熱レンズ効果正岡陽炎女大貫ユキコ杉山みどり糸遊・糸結小島ゆかり中能島欣一高野ムツオ西山カイチ野村真由美第十四循環伊弉冉景気富鐘夕貴三原あや大竹周作市山貴章

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陽炎の関連情報