コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体膨張率 タイボウチョウリツ

デジタル大辞泉の解説

たいぼうちょう‐りつ〔タイバウチヤウ‐〕【体膨張率】

物体の温度をセ氏1度上げたときの体積の増加量と、もとの体積との比。線膨張率の約3倍となる。体膨張係数

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

体膨張率【たいぼうちょうりつ】

熱膨張率

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいぼうちょうりつ【体膨張率】

物体の熱膨張による体積の増加の割合を温度差で割った値。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の体膨張率の言及

【熱膨張】より

…定圧下で物質の温度を1K(=1℃)だけ上げたとき体積がVからV+⊿Vになるとする。このときβ=⊿V/Vを体膨張率と呼ぶ。βの単位はK-1(または℃-1)である。…

※「体膨張率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

体膨張率の関連キーワード岩石の物理的性質固体の比熱線膨張率膨張計膨張率熱膨張温度差比熱物体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android