コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線膨張 センボウチョウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぼうちょう〔‐バウチヤウ〕【線膨張】

熱による固体の長さの変化。温度をセ氏1度上げたときの物質の長さの増加する割合を、その物質の線膨張率という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぼうちょう【線膨張】

固体の長さが温度変化によって増減する現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線膨張
せんぼうちょう

熱膨張」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

線膨張の関連キーワードタングステン(データノート)セラミックころがり軸受マグネシウムの性質ナトリウムの性質マンガンの性質エリンバー合金サーモスタット表面処理鋼板物理的性質白金の性質線膨張係数温度応力ギヨーム超不変鋼体膨張率熱膨張率熱衝撃膨張計熱応力膨張率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android