何ら(読み)イズラ

デジタル大辞泉の解説

いず‐ら〔いづ‐〕【何ら】

[代]
不定称の指示代名詞。どこ。どこいら。いずこ。
「石田野(いはたの)に宿りする君家人の―と我を問はばいかに言はむ」〈・三六八九〉
(感動詞的に用いて)相手を促したり、問いかけたりするときに用いる語。さあさあ。
「―今日の菖蒲(さうぶ)はなどか遅うはつかうまつる」〈かげろふ・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いずら【何ら】

( 代 )
不定称の指示代名詞。所在を問う語。
どこか。どちらか。 「家人の-と我を問はばいかに言はむ/万葉集 3689
(多く「いずらは」の形で)反語で、どこにもないの意を表す。 「むつごともまだ尽きなくに明けぬめり-は秋の長してふ夜は/古今 雑体
( 感 )
相手を促すときの言葉。どうした。さあさあ。 「時やうやうなりぬめるは、-、遅し/宇津保 楼上・下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いず‐ら いづ‥【何ら】

〘代名〙 (「ら」は漠然とした空間をさす接尾語) 不定称
所在を問うのに用いる。どこ。どこいら辺。
※万葉(8C後)一五・三六八九「いはた野に宿りする君家人の伊豆良(イヅラ)とわれを問はばいかに言はむ」
② 催促するのに用いる。さあさあ。どうした。
※蜻蛉(974頃)上「『まだ魚(いを)なども食はず、今宵なんおはせばもろともにとてある。いづら』など言ひてもの参らせたり」
③ (多く「いずらは」の形で) 反語で、所在を否定するのに用いる。どこにもない。
※古今(905‐914)雑体・一〇一五「むつごともまだ尽きなくに明けぬめりいづらは秋の長してふ夜は〈凡河内躬恒〉」
[語誌]「いづこ」「いづち」「いづれ」よりも、もっと漠然とした表現に用いる。「どこにいるか(行くか)」という所在そのものを問う本来の用法から、はやくその姿を見せなさいといった促しの心情を伴った呼び掛けにも用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何らの関連情報