指示代名詞(読み)シジダイメイシ

デジタル大辞泉の解説

しじ‐だいめいし【指示代名詞】

代名詞の一。人を指し示す代名詞(人代名詞)に対して、事物・場所・方角などを指し示すのに用いるものをいう。近称(「これ」「ここ」「こちら」など)、中称(「それ」「そこ」「そちら」など)、遠称(「あれ」「あそこ」「あちら」など)、不定称(「どれ」「どこ」「どちら」など)に分けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

指示代名詞【しじだいめいし】

代名詞の一種。事物・場所・方角をさすもの。日本語ではこれ,それ,あれ,どれ,ここ,そこ,あら,どちらなど。話し手領域,聞き手の領域,そのどちらにも属さない領域,不特定の領域による使い分けがある。これらの指示代名詞に,この,その,あの,どのなどを含め,語頭の音節に注目して〈コソアド〉言葉と呼ぶこともある。
→関連項目冠詞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しじだいめいし【指示代名詞】

代名詞の一。事物・場所・方角などを、その名をいわないで直接に指し示すもの。「これ」「そこ」「あちら」「どれ」の類。話し手の領域(近称)、聞き手の領域(中称)、そのどちらにも属さない領域(遠称)、不特定の領域(不定称)による使い分けがあり、「こ・そ・あ・ど」の体系をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指示代名詞の関連情報