指示代名詞(読み)シジダイメイシ

デジタル大辞泉の解説

しじ‐だいめいし【指示代名詞】

代名詞の一。人を指し示す代名詞(人代名詞)に対して、事物・場所・方角などを指し示すのに用いるものをいう。近称(「これ」「ここ」「こちら」など)、中称(「それ」「そこ」「そちら」など)、遠称(「あれ」「あそこ」「あちら」など)、不定称(「どれ」「どこ」「どちら」など)に分けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

指示代名詞【しじだいめいし】

代名詞の一種。事物・場所・方角をさすもの。日本語ではこれ,それ,あれ,どれ,ここ,そこ,あら,どちらなど。話し手の領域,聞き手の領域,そのどちらにも属さない領域,不特定の領域による使い分けがある。これらの指示代名詞に,この,その,あの,どのなどを含め,語頭の音節に注目して〈コソアド〉言葉と呼ぶこともある。
→関連項目冠詞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじ‐だいめいし【指示代名詞】

〘名〙 (「ししだいめいし」とも)
① 「この人」「その花」の「この」「その」のように、名詞の上についてその名詞を指し示すもの。〔語法指南(1889)〕
② 代名詞の一つ。人を指す代名詞に対し、事物・場所・方角を指すものの総称。「これ・それ・あれ、ここ・そこ・あそこ、こちら・そちら・あちら」の類。〔広日本文典(1897)〕
[補注]→「しじし(指示詞)」の補注

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android