指示代名詞(読み)しじだいめいし

精選版 日本国語大辞典「指示代名詞」の解説

しじ‐だいめいし【指示代名詞】

〘名〙 (「ししだいめいし」とも)
① 「この人」「その花」の「この」「その」のように、名詞の上についてその名詞を指し示すもの。〔語法指南(1889)〕
代名詞の一つ。人を指す代名詞に対し、事物・場所・方角を指すものの総称。「これ・それ・あれ、ここ・そこ・あそこ、こら・そちら・あちら」の類。〔広日本文典(1897)〕
[補注]→「しじし(指示詞)」の補注

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「指示代名詞」の解説

指示代名詞【しじだいめいし】

代名詞の一種。事物・場所・方角をさすもの。日本語ではこれ,それ,あれ,どれ,ここ,そこ,あちら,どちらなど。話し手の領域,聞き手の領域,そのどちらにも属さない領域,不特定の領域による使い分けがある。これらの指示代名詞に,この,その,あの,どのなどを含め,語頭の音節に注目して〈コソアド〉言葉と呼ぶこともある。
→関連項目冠詞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「指示代名詞」の解説

しじ‐だいめいし【指示代名詞】

代名詞の一。人を指し示す代名詞(人代名詞)に対して、事物・場所・方角などを指し示すのに用いるものをいう。近称(「これ」「ここ」「こちら」など)、中称(「それ」「そこ」「そちら」など)、遠称(「あれ」「あそこ」「あちら」など)、不定称(「どれ」「どこ」「どちら」など)に分けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android