心情(読み)しんじょう

精選版 日本国語大辞典「心情」の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【心情】

〘名〙 こころで感じ、思っていること。ある物事に接したときのこころの中のおもい。
※菅家文草(900頃)四・白毛歎「心情不減気猶寛、誰許班毛放若干
※海道記(1223頃)豊河より橋本「遠望の感、心情つなぎがたし」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「彼の父が流石に僕の心情を察して慰めて呉れた言葉も」 〔李濤‐春社従李昉乞酒詩〕

こころ‐なさけ【心情】

〘名〙 心持。愛情。思いやり。
※伊勢物語(10C前)六三「むかし、世心つける女、いかで心なさけあらむ男にあひ得てしがなと思へど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心情」の解説

しん‐じょう〔‐ジヤウ〕【心情】

心の中にある思いや感情。「被災者の心情を察する」「心情的には賛成だ」
[類語]感情情動情操思い精神想念思念ねん気持ち感懐感想所懐胸懐心懐胸中心中しんちゅう心事心境感慨万感偶感考え思考思索一存

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android