心情(読み)しんじょう

精選版 日本国語大辞典「心情」の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【心情】

〘名〙 こころで感じ、思っていること。ある物事に接したときのこころの中のおもい。
※菅家文草(900頃)四・白毛歎「心情不減気猶寛、誰許班毛放若干
※海道記(1223頃)豊河より橋本「遠望の感、心情つなぎがたし」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「彼の父が流石に僕の心情を察して慰めて呉れた言葉も」 〔李濤‐春社従李昉乞酒詩〕

こころ‐なさけ【心情】

〘名〙 心持。愛情。思いやり。
※伊勢物語(10C前)六三「むかし、世心つける女、いかで心なさけあらむ男にあひ得てしがなと思へど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心情」の解説

しん‐じょう〔‐ジヤウ〕【心情】

心の中にある思いや感情。「被災者の心情を察する」「心情的には賛成だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android