コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何廼屋梅逸 なにのや ばいいつ

1件 の用語解説(何廼屋梅逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

何廼屋梅逸 なにのや-ばいいつ

1867-1896 明治時代の狂歌師。
慶応3年生まれ。東京神田で青物問屋をいとなむ。桃の屋鶴彦にまなび菟道山人の号をつぎ,細木香以の狂号何廼屋(2代)もゆずりうけた。俳諧(はいかい),茶道,華道,一中節などにも通じた。明治29年2月29日死去。30歳。本名は江沢松五郎。屋号は万屋(よろずや)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

何廼屋梅逸の関連キーワード深刻小説立花銑三郎藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone