何物(読み)なにもの

精選版 日本国語大辞典「何物」の解説

なに‐もの【何物】

〙 どのような品物。どんな。なに。
万葉(8C後)一五・三七三三「吾妹子(わぎもこ)形見の衣なかりせば奈爾毛能(ナニモノ)もてか命継がまし」
※ポール・クローデルを繞って(1950)〈加藤周一〉一「単なる集まり以上の何ものでもなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「何物」の解説

なに‐もの【何物】

どのような物。いかなる物。「健康は何物にも代えがたい」「犠牲以外の何物でもない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android