余喘を保つ(読み)ヨゼンヲタモツ

デジタル大辞泉の解説

余喘(よぜん)を保・つ

やっと生き長らえている。また、滅びそうなものがかろうじて続いている。
「岸本わずかに―・ち、菅また悄然(しょうぜん)」〈藤村・春〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よぜんをたもつ【余喘を保つ】

かろうじて生命を保っている。今にもだめになりそうなものがかろうじて続いている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よぜん【余喘】 を 保(たも)

今にも絶えそうなをしながら、やっと生き続けている。転じて、滅亡しそうなものが、かろうじて続いている。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「今日の船宿は〈略〉大に衰退して僅かに釣のお供と両国川開きとに余喘(ヨゼン)を保(タモ)って居るに過ぎぬけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android