コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余部崎 あまるべさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余部崎
あまるべさき

兵庫県北部,香美町北西部の余部にある日本海に突出した岬。伊笹岬ともいう。但馬御火浦海岸の東端をなし,海岸一帯は山陰海岸国立公園に属する。先端部にある御崎は,平家落人が隠れ住んだという伝説をもつ小集落。岬の先端に第2次世界大戦後建設された高さ 13.9mの灯台は,光点の高さ (284m) が日本一。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android