コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

但馬御火浦 たじまみほのうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

但馬御火浦
たじまみほのうら

兵庫県北西部,新温泉町の岸田川河口から北東約 8kmの香美町余部崎にいたる日本海の海岸。国の名勝・天然記念物に指定。東から通風洞門,釣鐘洞門,十字洞門,地獄極楽洞門,鋸岬,下荒洞門,大島,通天洞門,鬼門崎などの豪壮な海食地形が続く。特に天井までの高さ 32m,水面の広さ 190畳敷の釣鐘洞門は有名。山陰海岸国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじまみほのうら【但馬御火浦】

兵庫県北部,日本海に臨む香住(かすみ)町から浜坂町にかけての海岸をいう。山陰海岸国立公園を代表する豪壮な海食崖が発達し,洞門,洞窟,柱状節理が約10kmにわたって連なる景勝地で,釣鐘洞門,地獄極楽洞門,十字洞門など観光船が出入りする洞門や,鋸崎,臥虎(がこ)島,亀島,鬼門崎など奇趣に富んだ岬や島がある。遊覧は船によるしかないが,冬季と荒天の日は欠航する。【小森 星児】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕但馬御火浦(たじまみほのうら)


兵庫県北部、美方(みかた)郡香美(かみ)町から新温泉(しんおんせん)町浜坂(はまさか)に至る海岸。長さ約10km。海食を受けた洞門・洞窟(どうくつ)が続き、釣鐘(つりがね)洞門・地獄極楽(じごくごくらく)洞門、火山岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)のみられる三尾大(みおおお)島などがある。国指定の名勝・天然記念物。東に続く香住海岸とともに山陰(さんいん)海岸国立公園を代表する景勝地。遊覧船による探訪ができる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

但馬御火浦
たじまみほのうら

兵庫県北部、美方(みかた)郡香美(かみ)町西端から新温泉(しんおんせん)町東部にかけて約12キロメートルの海岸。第三紀の火山活動が盛んであった北但(ほくたん)山地が沈降して激しい波浪の侵食を受け、断崖(だんがい)絶壁、洞窟(どうくつ)、洞門などが続く。国指定名勝・天然記念物であり、山陰海岸国立公園に含まれ、香住海岸と並ぶ景勝地。なかでも流紋岩の不思議な柱状節理をみせる三尾(みお)大島、日本最大といわれる釣鐘(つりがね)洞門がその典型で、波静かな田井松島地区は海域公園に指定されている。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

但馬御火浦の関連キーワード兵庫県美方郡新温泉町浜坂兵庫県美方郡新温泉町山陰海岸ジオパーク兵庫県美方郡香美町新温泉(町)香美(町)浜坂温泉郷兵庫(県)浜坂温泉火山岩大槻

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android