コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作の鞍(読み)サクノクラ

大辞林 第三版の解説

さくのくら【作の鞍】

〔「作」は「伊勢家の作」の意〕
大坪道禅が考案し伊勢家に伝えたという鞍。鞍壺くらつぼが深く軍用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android