コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作業域 さぎょういき

1件 の用語解説(作業域の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

さぎょういき【作業域】

一定の場所にいる人間が、手足など身体各部位を動かすために必要な空間領域。手であれば、最大限に伸ばして届く範囲を最大作業域、肘(ひじ)を曲げて楽に動かせる範囲を通常作業域という。また、平面で手の届く範囲を水平作業域といい、キッチン作業台の奥行きの設計などに用いる。◇「動作域」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作業域の関連キーワード格納現在員溜まり場駐在駐兵定置有人留置居着き多発外傷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone