コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作業域 さぎょういき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

さぎょういき【作業域】

一定の場所にいる人間が、手足など身体各部位を動かすために必要な空間領域。手であれば、最大限に伸ばして届く範囲を最大作業域、肘(ひじ)を曲げて楽に動かせる範囲を通常作業域という。また、平面で手の届く範囲を水平作業域といい、キッチン作業台の奥行きの設計などに用いる。◇「動作域」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

作業域の関連キーワードモジュール

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作業域の関連情報