最大限(読み)さいだいげん

精選版 日本国語大辞典「最大限」の解説

さいだい‐げん【最大限】

〙 ある範囲内で最も大きいこと。可能なかぎり大きいこと。最大限度
明暗(1916)〈夏目漱石〉一二七「此能力の最大限(サイダイゲン)が何(ど)強く大きなものであるかといふ事をまだ知らずにゐる女であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最大限」の解説

さいだい‐げん【最大限】

ある範囲内でもっとも大きいこと。副詞的にも用いる。最大限度。「これが最大限譲歩だ」「最大限活用する」⇔最小限
[類語]限界最高最大最多マキシマムレコード限度極限限り手一杯目一杯頭打ち際限きわ上限下限北限ぎりぎりリミット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android