コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小崎弘道 こざきひろみち

7件 の用語解説(小崎弘道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小崎弘道
こざきひろみち

[生]安政3(1856).4.14. 熊本
[没]1938.2.26. 茅ヶ崎
明治,大正の宗教家。熊本藩士小崎次郎左衛門の子。明治4 (1871) 年,熊本洋学校に入学,L.ジェーンズの感化を受け,1876年受洗,79年同志社英学校を卒業,上京して霊南坂教会を創立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こざき‐ひろみち【小崎弘道】

[1856~1938]宗教家・牧師。熊本の生まれ。各地に伝道後上京、霊南坂教会を開設。基督(キリスト)教青年会(YMCA)を創立し、機関誌「六合雑誌(りくごうざっし)」を主宰。新島襄(にいじまじょう)没後、同志社校長となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小崎弘道【こざきひろみち】

プロテスタント牧師。熊本藩士の家に生まれ,熊本洋学校に学び,のち入信。同志社卒業後上京,《六合雑誌》を刊行し,同志社校長,同社長,東京霊南坂教会牧師を歴任した。
→関連項目熊本洋学校新島襄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小崎弘道 こざき-ひろみち

1856-1938 明治-昭和時代前期の宗教家。
安政3年4月14日生まれ。明治13年植村正久らと東京基督教(キリストきょう)青年会を創立し,「六合(りくごう)雑誌」を創刊。23年新島襄(じょう)の死により同志社社長。東京霊南坂(れいなんざか)教会牧師,日本基督教会同盟会長などをつとめた。昭和13年2月26日死去。83歳。肥後(熊本県)出身。同志社英学校卒。著作に「政教新論」など。
【格言など】国家の元気の消長は道徳宗教の盛衰とその機を同じうす(「政教新論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こざきひろみち【小崎弘道】

1856‐1938(安政3‐昭和13)
キリスト教伝道者,牧師,評論家。熊本藩士の子に生まれ,熊本バンドに入るが,キリスト教入信は少し後である。1879年同志社卒業後東京で伝道し,《六合雑誌》《東京毎週新報》を刊行し,新島襄の死後同志社の校長ついで社長(1890‐97),さきの東京伝道でその基礎をつくった霊南坂教会牧師(1899‐1931),引退後同教会名誉牧師となった。彼の《政教新論》(1886)は封建教学である儒教を鋭く批判し,近代国家の建設にはキリスト教を精神的基礎とすべきことを唱えるが,その発想は儒教的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こざきひろみち【小崎弘道】

1856~1938) 日本組合基督教会の牧師。熊本生まれ。植村正久らと東京基督教青年会を結成し、「六合雑誌」を発行。霊南坂教会・番町教会を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小崎弘道
こざきひろみち
(1856―1938)

明治・大正期の指導的キリスト教教師。熊本藩士の子として熊本に生まれる。1871年(明治4)新設の熊本洋学校に入学し、教師L・L・ジェーンズにより76年受洗した。いわゆる熊本バンドの一人。同年同志社英学校に入学し、79年同校卒業後、東京の京橋に新肴(さかな)町教会を設立して牧師になる。翌年植村正久(まさひさ)や本多庸一(よういつ)らと日本最初の基督(キリスト)教青年会を創立して会長となり、機関誌『六合(りくごう)雑誌』を刊行した。86年に著書『政教新論』を刊行して儒教と対比してキリスト教を論じた。新島襄(にいじまじょう)の死により90年同志社の校長ならびに社長に就任。99年からは東京の霊南坂教会牧師。1913年(大正2)より22年まで日本基督教会同盟の会長を務めるなど、日本プロテスタントの中心的指導者であった。[鈴木範久]
『『小崎全集』全6巻(1938~39・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小崎弘道の言及

【六合雑誌】より

…キリスト教を基礎とした月刊総合雑誌(1880‐1921)。小崎弘道(のちに横井時雄,原田助など)を編集人とし,東京YMCA(のちに警醒社,六合雑誌社)より刊行され,とくに進化論,合理主義,国家道徳の問題に取り組んだ。1890年代より自由主義神学に赴き,98年よりユニテリアン誌《宗教》と合併し,日本ゆにてりあん弘道会刊行となる。…

※「小崎弘道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小崎弘道の関連キーワード松村介石金森通倫宣教師キリスト教会耶蘇キリスト教徒伝道師沢崎堅造松村里子渡瀬常吉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone