コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侯顕 こうけんHou Xian; Hou Hsien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

侯顕
こうけん
Hou Xian; Hou Hsien

中国,宦官永楽帝に仕えた。帝はチベットを招撫するため,当時最も勢力のあったラマ僧の哈立麻を招こうとして永楽1 (1403) 年侯顕を使節として派遣した。彼は同4年哈立麻を同道して帰り,その功によって太監となった。その後同 11年命によって再びネパールに行き,同 13年には海路インドのベンガルにおもむいて,いずれも朝貢させるのに成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android