侵出(読み)しんしゅつ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しゅつ【侵出】

〘名〙 境界・わくを乗りこえて、他の勢力範囲内に進み出ること。
※秘事法門(1964)〈杉浦明平〉六「浄土宗や専修寺派が依然として強く根を張り、本願寺派の侵出を食いとめようとしてけんめいだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅつ【侵出】

[名](スル)他の勢力範囲内にまで入り込むこと。「他の候補者の地盤に侵出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android