本願寺派(読み)ホンガンジハ

大辞林 第三版の解説

ほんがんじは【本願寺派】

真宗十派の一。京都の西本願寺が本山。大谷派とともに親鸞の直系。曽孫である第三世覚如が、京都の親鸞の墓所を中心にして本願寺を建立。第八世蓮如が出て大いに宗勢が拡大した。第一二世准如の時、長兄教如が徳川家康の援助で東本願寺を建てたため、以後本願寺は東西両本願寺に分かれた。お西。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本願寺派の言及

【浄土真宗】より

…72年政府はようやく一向宗を真宗と称することを許可したが,浄土宗の立場を考えてか,浄土真宗の名を許さなかった。81年6月,東本願寺派を真宗大谷派,西本願寺派を真宗本願寺派と改めた。第2次大戦後,西本願寺は宗名に浄土を付け浄土真宗本願寺派と称するようになった。…

【本願寺】より

…ここに本願寺は東西両派に分かれた。 現在,西本願寺は浄土真宗本願寺派本山で,竜谷山と号し俗に〈お西〉と呼ばれる。東本願寺は真宗大谷派本山で,俗に〈お東〉と呼ばれる。…

※「本願寺派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本願寺派の関連情報