コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗体像 ぞくたいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俗体像
ぞくたいぞう

俗人の姿を写した肖像。僧形法体像に対する語。直衣 (のうし) 装束を着用した水無瀬神宮伝藤原信実筆『後鳥羽天皇像』は代表的遺品。神護寺源頼朝像』などは束帯姿を描いたもので,束帯像と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

俗体像の関連キーワード鎌倉彫刻俗人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android