源頼朝像(読み)みなもとのよりともぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源頼朝像
みなもとのよりともぞう

京都神護寺に伝わる 12世紀末の源頼朝肖像画。同寺仙洞院 (1188建立) には後白河法皇の画像を中心に源頼朝,平重盛藤原光能 (みつよし) ,平業房の4廷臣像が置かれていたが,法皇と業房を除く3像のみ現存。なかでも頼朝像は当初の原画の状態を最もよくとどめ,特にその頭部は裏彩色を用いた白地に細密な墨線を重ねて眼鼻を描き出し,迫真の技を示す。強 (こわ) 装束の黒袍の鋭い輪郭の造形的効果とともに,肖像画に新しい様式を開いたものといえ,藤原隆信筆との伝承を首肯させる。国宝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android