源頼朝像(読み)みなもとのよりともぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「源頼朝像」の解説

源頼朝像
みなもとのよりともぞう

京都神護寺に伝わる 12世紀末の源頼朝肖像画。同寺仙洞院 (1188建立) には後白河法皇の画像を中心に源頼朝,平重盛,藤原光能 (みつよし) ,平業房の4廷臣像が置かれていたが,法皇と業房を除く3像のみ現存。なかでも頼朝像は当初の原画の状態を最もよくとどめ,特にその頭部は裏彩色を用いた白地細密な墨線を重ねて眼鼻を描き出し,迫真の技を示す。強 (こわ) 装束黒袍の鋭い輪郭の造形的効果とともに,肖像画に新しい様式を開いたものといえ,藤原隆信との伝承を首肯させる。国宝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「源頼朝像」の解説

源頼朝像
みなもとのよりともぞう

鎌倉初期,源頼朝の肖像画
京都神護寺にある5画像の一つ。当時の写実的傾向を代表する作品。『平重盛像』とともに藤原隆信の筆と伝えられる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android