コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後鳥羽天皇像 ごとばてんのうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後鳥羽天皇像
ごとばてんのうぞう

後鳥羽天皇の肖像画。紙本着色。水無瀬 (みなせ) 神宮蔵。国宝。『吾妻鏡』『増鏡』などから,承久3 (1221) 年承久の乱に敗れた上皇が,落飾に際して似絵の名手,藤原信実に肖像画を描かせたことが知られる。烏帽子直衣を着けて上畳 (あげだたみ) に坐した本像は,その顔貌表現に似絵のすぐれた画風を示し,ほぼ確実に信実の真筆と認められる。そのほか水無瀬神宮伝存の法体像,御物俗体像などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

後鳥羽天皇像の関連キーワード大阪府三島郡島本町広瀬後鳥羽天皇島本町

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android