コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後鳥羽天皇像(読み)ごとばてんのうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後鳥羽天皇像
ごとばてんのうぞう

後鳥羽天皇の肖像画。紙本着色。水無瀬 (みなせ) 神宮蔵。国宝。『吾妻鏡』『増鏡』などから,承久3 (1221) 年承久の乱に敗れた上皇が,落飾に際して似絵の名手,藤原信実に肖像画を描かせたことが知られる。烏帽子直衣を着けて上畳 (あげだたみ) に坐した本像は,その顔貌表現に似絵のすぐれた画風を示し,ほぼ確実に信実の真筆と認められる。そのほか水無瀬神宮伝存の法体像,御物俗体像などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android