コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護衣 ほごいprotective clothing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保護衣
ほごい
protective clothing

人の全身またはその一部を有害物の化学的,物理的または機械的作用から保護するための用品。労働者が作業時に着用するものを労働衛生保護衣という。化学物質,高温,高圧,電気などに対してそれぞれ要求される性能が異なるので,各種のものがある。共通点としては,着用時の体温調節が妨げられないこと,動作が妨げられないこと,目的に対する保護性能がよいこと,耐久性があり,清掃しやすいこと,などがあげられる。重要なものについては日本工業規格がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の保護衣の言及

【保護具】より

…(4)強烈な騒音を発生する職場での耳栓,耳覆。(5)酸・アルカリ,鉱物油,化学薬品などの飛沫によって皮膚を損傷するのを防ぐための保護衣(服,手袋,長靴)。(6)足,とくにつま先を保護するための安全靴。…

※「保護衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保護衣の関連情報