コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信田洋 のぶた よう

1件 の用語解説(信田洋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信田洋 のぶた-よう

1902-1990 昭和時代の彫金家。
明治35年4月28日生まれ。昭和2年工人社結成に参加。5年帝展初入選,9年「蒸発用湯沸瓶」で特選。26年「芙蓉置物」で芸術選奨。35年から日展評議員,参与をつとめた。平成2年10月25日死去。88歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は六平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の信田洋の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年に,鋳金の高村豊周や内藤春治(はるじ)(1895‐1979),彫金の北原千鹿(せんろく)(1887‐1951),漆工の山崎覚太郎(1899‐1984),染色の広川松五郎(1889‐1952)らによって无型(むけい)が結成された。帝展に工芸部が設置された27年ころは彼らの活動も高揚し,この年,北原千鹿を中心にして,信田洋(のぶたひろし)(六平,1902‐90),山脇洋二(1907‐82)らの金工家が集まって工人社が結成された。また,京都でも1920年に楠部弥弌(くすべやいち)らによって,前衛的な作陶家集団赤土が結成されている。…

※「信田洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信田洋の関連キーワード海野美盛海野清海野建夫大須賀喬岡部達男桂光春黒川武雄(2)内藤四郎三井義夫山脇洋二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone