コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信田洋 のぶた よう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信田洋 のぶた-よう

1902-1990 昭和時代の彫金家。
明治35年4月28日生まれ。昭和2年工人社結成に参加。5年帝展初入選,9年「蒸発用湯沸瓶」で特選。26年「芙蓉置物」で芸術選奨。35年から日展評議員,参与をつとめた。平成2年10月25日死去。88歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は六平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の信田洋の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年に,鋳金の高村豊周や内藤春治(はるじ)(1895‐1979),彫金の北原千鹿(せんろく)(1887‐1951),漆工の山崎覚太郎(1899‐1984),染色の広川松五郎(1889‐1952)らによって无型(むけい)が結成された。帝展に工芸部が設置された27年ころは彼らの活動も高揚し,この年,北原千鹿を中心にして,信田洋(のぶたひろし)(六平,1902‐90),山脇洋二(1907‐82)らの金工家が集まって工人社が結成された。また,京都でも1920年に楠部弥弌(くすべやいち)らによって,前衛的な作陶家集団赤土が結成されている。…

※「信田洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信田洋の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android