芸術選奨(読み)げいじゅつせんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「芸術選奨」の解説

芸術選奨
げいじゅつせんしょう

芸術分野で活躍した人物の功績をたたえる文化庁の顕彰制度。1950年度(昭和25)に「芸能選奨」として創設され、1956年に現在の名称となった。演劇、映画、音楽、舞踊文学美術放送大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術(漫画、アニメ、メディアアートなど)の11分野について、その年に活躍した人物に「芸術選奨文部科学大臣」、新境地を開いた人物に「芸術選奨文部科学大臣新人賞」を贈る。毎年3月上旬に受賞を発表し、中旬の贈呈式で賞状賞金(大臣賞30万円、新人賞20万円)を贈る。これまでに演劇で7代目坂東三津五郎(みつごろう)、安部公房(こうぼう)、映画で市川崑(こん)、三船敏郎(みふねとしろう)、文学で壺井栄(つぼいさかえ)、井上靖、美術で片岡球子(たまこ)、土門拳(どもんけん)、放送で兼高(かねたか)かおる(1928―2019)、宮藤官九郎(くどうかんくろう)(1970― )、大衆芸能で6代目三遊亭圓生(えんしょう)、中島みゆき(1952― )、オール阪神・巨人(オール阪神(1957― )、オール巨人(1951― ))、メディア芸術で秋本治(おさむ)(1952― )らが受賞している。かつては東京交響楽団、岩波少年文庫編集部、文学座などの組織・団体に贈られた時期もあった。

[編集部 2019年11月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「芸術選奨」の解説

げいじゅつ‐せんしょう〔‐センシヤウ〕【芸術選奨】

芸術各分野での前年度中のすぐれた業績に対して、文部科学大臣が毎年贈る賞。昭和26年(1951)芸能選奨として創設、昭和31年(1956)に改称
[補説]演劇・映画・音楽・舞踊・文学・美術・放送・大衆芸能・芸術振興・評論等・メディア芸術の11部門がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「芸術選奨」の解説

芸術選奨
げいじゅつせんしょう

演劇,映画,音楽,美術,古典芸能など 10部門にわたり,その年にすぐれた作品を発表したり業績をあげた者に,文部科学大臣から贈られる賞。 1951年芸能選奨として発足し,56年,現在の名称に改められた。同新人賞もあり,それぞれに賞状と賞金が贈られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「芸術選奨」の解説

げいじゅつ‐せんしょう ‥センシャウ【芸術選奨】

〘名〙 芸術の各分野における前年度中のすぐれた業績に対して、文部科学大臣から贈られる賞。昭和二六年(一九五一)芸能選奨として創設、同三一年に現在の呼称に改められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android