コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修徳 しゅうとく

大辞林 第三版の解説

しゅうとく【修徳】

魂の救済のために感覚的欲望を捨て、有徳の生活をすすんで実践すること。アスケーシス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修徳の関連キーワードグラナダ(Fray Luis de Granada)H.M.E. ラサールトマス・ア・ケンピス日本の医学史(年表)ぎや・ど・ぺかどるギヤ・ド・ペカドルこんてむつすむんぢプレモントレ修道会ジャン クラッセグレゴリアン大学キリストに倣いてギヤドペカドルアセティシズムギャドペカドルアスケーシステオデュルフ尾崎 庄太郎一本堂薬選リグオーリ園部 秀雄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修徳の関連情報