コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修練期 しゅうれんきnovitiatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修練期
しゅうれんき
novitiatus

カトリックで修道生活を希望する者が修道生活に入るに際して,その直接の準備として特別な宗教的訓練を受ける期間。普通,女子は2年,男子は2年または1年で,修道会によって異なる。一般に世俗的な交渉や活動から隔離され,老練な指導者を修練長とする共住生活をおくり,内的,信仰的生活に専念する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

修練期の関連キーワードアンリ ブレモンノビシアドカトリックフロイスブレモンコレジヨ入社式着衣式誓願式外科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android