コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倍周器 ばいしゅうきfrequency multiplier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倍周器
ばいしゅうき
frequency multiplier

交流の周波数を整数倍にする装置。周波数逓倍器ともいう。 C 級増幅などを行なって出力をひずませ,そのなかの第 n 高調波に出力側のフィルタをかけたり同調回路を共振させて取出す。 n が大きいと高調波振幅が小さく,一度に整数倍増幅するのは困難である。普通 n=2 または n=3 の周波数整数倍増幅を繰返し行い,所要の高い周波数を得る。高次高調波を取出すためにマルチバイブレータ発振などを利用することもある。 VHF,UHFの送信機のほか高周波発振器では安定な発振周波数が要求されることが多いが,これに用いられる水晶発振器固有振動数はあまり高くできないので,周波数を整数倍にして必要とする周波数の発振を得る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばいしゅう‐き〔バイシウ‐〕【倍周器】

入力信号の周波数の整数倍の出力信号をつくる装置。周波数fに同期した高調波をつくり、周波数nf(nは2以上の整数)の信号のみを出力する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone