コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倒置法 トウチホウ

デジタル大辞泉の解説

とうち‐ほう〔タウチハフ〕【倒置法】

文などにおいてその成分をなす語や文節を、普通の順序とは逆にする表現法。語勢を強めたり、語調をととのえたりするために用いられる。「どこに行くのか、君は」「起きろよ、早く」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうちほう【倒置法】

文において、普通の語順と逆にして語句を配置し修辞上の効果をあげる表現方法。「出た、出た、月が」「進もう、未来へ」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

倒置法の関連キーワードルース レンデル新古今和歌集てからに倒句法実盛語句語順

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倒置法の関連情報