コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭文機に シズハタニ

デジタル大辞泉の解説

しずはた‐に〔しづはた‐〕【倭文機に】

[枕]倭文には乱れ模様が織り込まれているところから、「乱る」にかかる。
「―乱れてぞ思ふ恋しさは」〈貫之集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しずはたに【倭文機に】

( 枕詞 )
しずの模様の乱れていることから、「乱る」にかかる。 「 -乱れてぞ思ふ恋しさは/貫之集」
はたにかける意の「綜」と同音の「経」にかかる。 「 -へつるほどなり白糸の/後撰 恋六

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

倭文機にの関連キーワード倭文白糸同音

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android