コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我が身 ワガミ

デジタル大辞泉の解説

わ‐が‐み【我が身】

[連語]自分のからだ。また、自分の身の上。自分。「あすは我が身」「我が身を省みる」
[代]
一人称の人代名詞。わたし。自分。
「―は女なりとも」〈平家・一一〉
二人称の人代名詞。親しみの気持ちで、目下の者にいう。なんじ。そなた。おまえ。
「なんぼ―が強うても」〈伎・壬生大念仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わがみ【我が身】

( 名 )
自分の体。自分。 「 -を省みる」 「 -を大切にする」
( 代 )
一人称。わたし。われ。 「 -の事ありの儘に申すべし/沙石 2
二人称。目下の者に対して親しみをもって用いる。そち。おまえ。 「 -はこの国の者かと御尋ねありけれども/盛衰記 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

我が身の関連キーワード今日は人の上明日は我が身の上昨日は人の身,今日は我が身引き比べる・引比べる思い至る・想い到る明日をも知れぬ身愚人は夏の虫我が身可愛さ身も世もない在りしながら諸行無常偈然し乍ら田蓑の島消え残る自然居士如何でも成り成る屈じ甚し跳ね返る長柄の橋天の邪鬼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我が身の関連情報