コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽痛風 ぎつうふうpseudogout

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽痛風
ぎつうふう
pseudogout

65歳以上の高齢の女性に見られる関節炎で,以前は日本人には珍しかった。正式にはピロリン酸カルシウム沈着症といい,急性型と慢性型がある。急性型は急性の単関節炎で,痛風に似ているため,この名がある。膝 (ひざ) 関節のほか手関節,中手骨指骨間関節,足関節などに多いが,複数関節に同時に急性炎症の起こることもある。けがや外科手術をきっかけとして起こることも多く,感染性関節炎と間違われやすい。慢性型はこわばり,疼痛 (とうつう) 等の症状が現れ,運動制限を主に膝関節,手関節に訴える。他の関節を侵すこともあり,時に強い関節の変形を起こすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

偽痛風の関連キーワード回帰性リウマチ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android