コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膝関節 しつかんせつ knee joint

翻訳|knee joint

4件 の用語解説(膝関節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膝関節
しつかんせつ
knee joint

大腿骨下端と脛骨上端の間にあるちょうつがい関節。膝蓋骨の後面が前方からこの関節に加わっている。大腿骨下端,脛骨上端とも関節面は内側顆と外側顆に分れているが,大腿骨下端では前面でそれらが合体して中央に鞍状の膝蓋面をつくり,膝の屈伸に伴って膝蓋骨の関節面がこの面上を上下に移動する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しつ‐かんせつ〔‐クワンセツ〕【膝関節】

ひざの関節。膝蓋骨(しつがいこつ)大腿骨(だいたいこつ)脛骨(けいこつ)から成り、人体の関節では最も大きい。ひざの屈伸を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

膝関節【しつかんせつ】

大腿(だいたい)骨の下端と脛(けい)骨の上端,さらに膝蓋骨の後面との間にある関節で,膝(ひざ)の屈伸をつかさどる。関節包の両側に側副靭帯(じんたい),関節腔内に2本の交叉(こうさ)靭帯があってこれを強める。
→関連項目あし(肢/脚/足)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しつかんせつ【膝関節】

大腿だいたい骨と脛けい骨の、および膝蓋しつがい骨の間にある関節。膝ひざの屈伸にかかわる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の膝関節の言及

【関節】より

…関節頭と関節窩は互いに適合した形をとるから,その間にある関節腔はあまり広いものではない。しかし相対する二つの骨の形があまり適合しない場合(たとえば膝関節)は,比較的広い関節腔を残すことになるが,そのときでも,後述するように,関節内の靱帯や滑膜に包まれた脂肪のひだが関節腔内に突出して,関節面の形を整えているため,関節腔は広くない。ちなみに関節腔といっても,そこには空気が入っているわけではなく,滑膜から分泌された滑液が満たされていて,これが運動時の潤滑油のような働きをしている。…

【ひざ(膝)】より

…下肢の大腿から下腿に移行する部分で,内部は膝関節となり,下肢の折れ曲がる部分をいう。上下ともに明りょうな境界はないが,医学的には,膝蓋骨の上端から手の幅だけ上方の部位でひいた水平線を上界とし,膝蓋靱帯(じんたい)が脛骨に付着する脛骨粗面(膝蓋骨直下の脛骨が出っぱった部分)の直下を通る水平線を下界とする。…

※「膝関節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

膝関節の関連キーワード膝蓋骨大腿骨大腿四頭筋下腿骨半月板腿骨大腿骨頸部大腿骨骨折脛大腿骨指数葛生人

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膝関節の関連情報