コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前古窯跡群 びぜんこようせきぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備前古窯跡群
びぜんこようせきぐん

岡山県備前市伊部の市街地を取巻く,東西 3km,南北 5kmの山麓一帯に分布する西日本最大の中世・近世陶器窯跡群。東,西,南の3地区に分れ,80基あまりの古窯跡の存在が知られている。その源流は邑久須恵器窯跡群にあり,平安時代末期,伊部に転移,成立をみた。窯は須恵器窯を大きくした窖窯 (あながま) で,無釉の壺,甕,すり鉢などの日常容器類を主製品としている。室町時代には畿内を中心に西日本一帯を商圏として発展した。また,桃山時代には他窯にさきがけてすぐれた茶陶を数多く焼いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

備前古窯跡群の関連キーワード岡山県備前市伊部

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android