コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊部 いんべ

3件 の用語解説(伊部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊部
いんべ

岡山県南東部,備前市南西部の中心地区。製陶の中心地で,登り窯が並ぶ。伊部焼の名で知られてきたが,備前焼と名を改めた。元来は甕,壺などの日用品を生産していたが,戦国時代末期千利休によって茶器として高く評価され,近世には岡山藩が江戸幕府などに献上するための御用窯が築かれ,酒器,茶器,花瓶などを生産するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕伊部(いんべ)


岡山県備前(びぜん)市中心部の一地区。備前焼(伊部焼)の産地として全国的に有名。備前焼は古代の須恵器(すえき)の伝統を継いで平安時代末期から「六古窯(ろくこよう)」の一つに数えられた。近世、岡山藩藩主の保護を受けて発展。現在も窯元・作陶家が多く、焼き物が産業の中心。国の史跡の伊部南大窯跡や備前陶芸美術館備前焼伝統産業会館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊部
いんべ

岡山県南東部、備前(びぜん)市中西部の一地区。旧伊部町。旧山陽道に沿い、南側をJR赤穂(あこう)線と国道2号が走る。風化した流紋岩の土を原料とする備前焼の中心として全国的に有名。窯元や作家が多数活動している。JR伊部駅に併設された備前焼伝統産業会館や、岡山県備前陶芸美術館がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊部の関連キーワード備前岡山県備前陶芸美術館岡山県備前市伊部岡山県備前市久々井岡山県備前市坂根岡山県備前市佐山岡山県備前市閑谷岡山県備前市日生町日生岡山県備前市福田岡山県備前市穂浪

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊部の関連情報