伊部(読み)いんべ

精選版 日本国語大辞典 「伊部」の意味・読み・例文・類語

いん‐べ【伊部】

〘名〙 「いんべやき(伊部焼)」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「伊部」の意味・わかりやすい解説

伊部
いんべ

岡山県南東部、備前(びぜん)市中西部の一地区。旧伊部町。旧山陽道に沿い、南側をJR赤穂(あこう)線と国道2号が走る。風化した流紋岩の土を原料とする備前焼中心として全国的に有名。窯元や作家多数活動している。JR伊部駅に併設された備前焼伝統産業会館や、備前市立備前焼ミュージアムがある。

[編集部 2017年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「伊部」の意味・わかりやすい解説

伊部
いんべ

岡山県南東部,備前市南西部の中心地区。製陶の中心地で,登り窯が並ぶ。伊部焼の名で知られてきたが,備前焼と名を改めた。元来は甕,壺などの日用品を生産していたが,戦国時代末期千利休によって茶器として高く評価され,近世には岡山藩江戸幕府などに献上するための御用窯が築かれ,酒器,茶器,花瓶などを生産するようになった。伊部南大窯跡 (国指定史跡) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android