コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商圏 しょうけん trade area

6件 の用語解説(商圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商圏
しょうけん
trade area

商取引が行われている空間的範囲。取引関係の種類によって仕入圏と販売圏に区別されるが,一般的には販売圏をさす。販売圏は卸売商圏小売商圏に分けられ,卸売商圏は小売商圏より面積が大きく,一商品の取引量も大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐けん〔シヤウ‐〕【商圏】

ある商店・商店街などが商取引を行う地域的範囲。商勢圏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

商圏

スーパー等の商業施設における、潜在的に対象とするお客様がいる地域のことを指す。 商圏は、その施設からの距離だけでなく、交通事情を考えた時の所要時間なども含めて、施設の業態や取扱商品との関連を踏まえて設定される。 インターネットビジネスにおいては、物理的な制約が取り払われたことで、商圏の概念がグローバルに広がったとされる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうけん【商圏】

ある商店や商店街が,どのような買手顧客の分布を有しているかの,空間的・時間的範囲を表したものをいい,商勢圏ともいう。商圏には流通段階の対象によって,卸売商圏と小売商圏があるが,一般には小売商圏を指す。小売業の集積である商店街やショッピングセンターの商圏をいう場合もある。また銀行や飲食業・サービス業なども,買手顧客の集合によって経営が成立しており,これらの業種のサービス圏も商圏と同じ意味である。一定の空間的範囲を指して,経済・市場活動の行われる場を市場地域market areaというが,これも商圏と同義である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうけん【商圏】

ある商店・商店街が商取引を行う地理的範囲。商勢圏。 「 -を広げる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商圏
しょうけん

特定の商店、商店街、さらに中心地としての都市の商業機能の勢力、影響の及ぶ地域的範囲をいう。それは、商品やサービスを供給する商店、商店街、都市と、それを入手して生活を営む消費者の双方から形成される。商圏は主として、前者の側にたってみたもので、後者の場合は生活圏とよばれる。なお商業には小売りと卸売りの二つの面があり、それぞれ卸売商圏、小売商圏とよばれるが、現在では一般的に商圏は小売商圏をさすことが多い。それに対し卸売商圏は広い範囲をもち、経済圏とよぶことが多い。なお、商業機能を広義に解釈し、レクリエーション、医療、教育、行政などの各サービスをも含め、サービス圏としたり、都市圏と同義に用いられたりする。
 商圏内における商店、商店街、都市など中心的な施設と、それを利用する周辺の消費者との結び付き(依存、指向、連係度または率)は、中心からの距離が遠くなるにつれて弱まり、やがて結び付きはなくなるが、それは中心的な施設の規模の大きさや交通的条件などによって異なる。また最寄品(もよりひん)(日常必需品、低次財)を主とする場合は、商圏は小さく、買回品(かいまわりひん)(高級品、専門品、選好品、高次財)では商圏の範囲は広い。このような階層的な差によって、小規模な低次財中心の商圏は、大規模高次財中心の商圏の中に包含され、重層的構成を示す。現在では、ヒンターランド(後背地)や市場圏も同じような意味で用いられている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商圏の関連キーワードウェブ商店街仮想商店街中見世ラインバーン商店街中野サンモール商店街フォード効果川端商店街の火災全国の商店街県商店街活性化条例天神橋筋商店街

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

商圏の関連情報