傭役(読み)ヨウエキ

デジタル大辞泉の解説

よう‐えき【×傭役】

[名](スル)人をやとって使うこと。また、やとわれて使われること。
「其工場に於て―せられて」〈村田文夫・西洋聞見録〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようえき【傭役】

( 名 ) スル
人を雇って使うこと。また、雇われて使われること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐えき【傭役】

〘名〙 人をやとい使うこと。また、やとわれて使役されること。
万国公法(1868)〈西周訳〉四「其駐剳する県邑の為に庸役に供するの義なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android