万国公法(読み)ばんこくこうほう

精選版 日本国語大辞典「万国公法」の解説

ばんこく‐こうほう ‥コウハフ【万国公法】

※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「世の文明に進むに従て一法を設け、これを万国公法と名けり。抑世上に一種の全権ありて、万国必ず此公法を守る可しと命を下すに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「万国公法」の解説

ばんこくこうほう【万国公法】

アメリカの国際法学者ホイートンHenry Wheaton(中国語表記は恵頓)のスタンダードな国際法の教科書《Elements of International Law》(1836初版)の中国在住アメリカ人宣教師W.マーティン(丁韓良)による中国語訳(底本はおそらく1855年の6版)。1864年刊。翌1865年(慶応1)に幕府開成所により訓点・振りがなを付して翻刻刊行され,維新後も版を重ねた。本書にはなお重野安繹の和訳本(鹿児島藩蔵梓,1870),高谷竜洲の注釈本(済美黌刊,1876)など和訳本・注釈本も数種刊行され,幕末,明治初年に日本の上下を通じて広く読まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の万国公法の言及

【国際法】より

国際組織
【日本と国際法】
 開国以来の近代日本のあゆみは,国際法と深くかかわっている。まず日本は,1853年(嘉永6)のペリー来航以後,欧米列強の軍事的圧力のもとで鎖国を解き,諸国と交際を始めるようになったが,その際,日本がとるべき行動の範囲は,ヨーロッパに発達した近代国際法(当時,日本では〈万国普遍の法〉〈万国公法〉などと呼ばれていた)のルールと,そのもとで結ばれた欧米諸国との間の通商条約(いわゆる不平等条約)によって規定されたのである。こうした国際法の枠の中で,日本は明治維新以後,大日本帝国憲法をはじめ各種の法令を整備し,近代的な国家機構を確立していったのである。…

【マーティン】より

…中国の洋務運動に協力して法律・科学書の翻訳につとめる。ホイートンの国際法に関する著書を訳した《万国公法》は,もっとも大きな影響力をもち,中国のみならず広く幕末・維新の日本でも読まれた。【春名 徹】。…

※「万国公法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android