傭人(読み)ヨウニン

大辞林 第三版の解説

ようにん【傭人】

やとわれた人。やとい人。
私法上の雇用契約に基づき、国または地方公共団体に勤務し、単純な労務に従事する者。官吏・公吏と区別していたが、現在はこの区別を廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傭人の言及

【軍属】より

…軍属はふつう,文官をあてたほうが有利な職務,または軍人の定員を節約する等のために軍人をもってあてる必要のない職務に配置された。軍属は,陸海軍文官,雇員,傭人に区分される。陸海軍文官は官吏であり,ふつう文官,教官,陸士海兵等の教授,特殊技術をもつ技師,法官,通訳官,陸海軍看護婦長等をいった。…

※「傭人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android