債権の割引き買戻し(読み)さいけんのわりびきかいもどし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債権の割引き買戻し
さいけんのわりびきかいもどし

途上国の累積債務問題に関する金融スキーム。債務国政府が外国民間銀行の債権を割り引いて買い戻す方式。大幅な割引率が期待でき,しかも債務を圧縮できる。しかし当該国の信用度は低下するため,将来の融資導入に悪影響が及ぶ。 1987年9月にベーカー米財務長官が提唱したメニュー・アプローチの一つで,実施例としてはボリビアがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android