傷害致死(読み)ショウガイチシ

デジタル大辞泉の解説

しょうがい‐ちし〔シヤウガイ‐〕【傷害致死】

暴行または傷害の結果として人を死に至らせること。「傷害致死罪」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうがい‐ちし シャウガイ‥【傷害致死】

〘名〙 傷つけて人を死に至らせること。刑法二〇五条の傷害致死罪が成立する。
※遠方の人(1941)〈森山啓〉四「おれはかういふわけで恋女房を殺した男だ。傷害致死だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傷害致死の関連情報