コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森山啓 もりやま けい

2件 の用語解説(森山啓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森山啓 もりやま-けい

1904-1991 昭和時代の詩人,小説家。
明治37年3月10日生まれ。中野重治らとプロレタリア文学運動に参加し,詩と評論に活躍。昭和11年「文学界」同人となり,小説に転じる。戦後は石川県で作家活動をつづけた。平成3年7月26日死去。87歳。新潟県出身。東京帝大中退。本名は森松慶治。詩集に「潮流」,小説に「海の扇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森山啓
もりやまけい
(1904―1991)

小説家、詩人、評論家。新潟県に生まれる。本名森松慶治。東京帝国大学美学科中退。社会文芸研究会、新人会を経てナップ系の詩人、評論家として活躍。それらは詩集『隅田河』(1933)、『潮流』(1935)、評論集『文学論』『文学論争』(ともに1935)等にまとめられている。転向後昭和10年代以降は浪漫(ろうまん)性にあふれた小説を発表、『日本海辺』(1939)、『遠方の人』(1941)や新潮社文芸賞を受賞した『海の扇』(1942)等を刊行した。第二次世界大戦後は石川県小松市に在住し、小説集『青海(あおうみ)の簾(すだれ)』(1956)、『野菊の露』(1980)などの著作を刊行。[大塚 博]
『『日本現代文学全集89 森山啓他集』(1968・講談社) ▽神谷忠孝著『森山啓』(『日本文学研究資料叢書 プロレタリア文学』所収・1971・有精堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森山啓の関連キーワード木山捷平富士正晴北の詩人菊岡久利木村好子近藤東城左門滝口武士野沢純森三千代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森山啓の関連情報