傷害致死罪(読み)しょうがいちしざい

日本大百科全書(ニッポニカ)「傷害致死罪」の解説

傷害致死罪
しょうがいちしざい

人の身体傷害し、結果的に人を死亡させる罪であり、3年以上の有期懲役に処せられる(刑法205条)。本罪は傷害の結果的加重犯であるから、死亡につき故意があれば殺人罪となる。また、傷害と被害者の死亡との間に因果関係が存在するとともに、被害者の死亡につき予見可能性(過失)が認められなければならない(ただ、判例は、両者の間に因果関係があれば足り、過失を要しないものと解している)。

[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「傷害致死罪」の解説

しょうがいちし‐ざい シャウガイ‥【傷害致死罪】

〘名〙 はじめから殺す意思はなく、他人の身体に傷害を与え、その結果死亡させた場合に成立する罪。刑法二〇五条に規定。二年以上の有期懲役に処せられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「傷害致死罪」の解説

しょうがいちし‐ざい〔シヤウガイチシ‐〕【傷害致死罪】

他人の身体を傷害することにより死なせる罪。刑法第205条が禁じ、3年以上の有期懲役に処せられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「傷害致死罪」の解説

傷害致死罪【しょうがいちしざい】

傷害罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の傷害致死罪の言及

【傷害罪】より

…〈過失致死傷罪〉の項参照)が成立するにとどまる。 傷害致死罪(刑法205条1項。身体傷害によって人を死に致す罪。…

※「傷害致死罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android