傷害致死罪(読み)ショウガイチシザイ

大辞林 第三版の解説

しょうがいちしざい【傷害致死罪】

殺意はないが他人に傷害を加えた結果、その人を死亡させたことにより成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傷害致死罪
しょうがいちしざい

人の身体を傷害し、結果的に人を死亡させる罪であり、3年以上の有期懲役に処せられる(刑法205条)。本罪は傷害の結果的加重犯であるから、死亡につき故意があれば殺人罪となる。また、傷害と被害者の死亡との間に因果関係が存在するとともに、被害者の死亡につき予見可能性(過失)が認められなければならない(ただ、判例は、両者の間に因果関係があれば足り、過失を要しないものと解している)。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の傷害致死罪の言及

【傷害罪】より

…〈過失致死傷罪〉の項参照)が成立するにとどまる。 傷害致死罪(刑法205条1項。身体傷害によって人を死に致す罪。…

※「傷害致死罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

傷害致死罪の関連情報