働きアリ(読み)はたらきあり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

働きアリ
はたらきあり
worker

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科およびシロアリ目の昆虫社会におけるカースト(階級)の一名称。職アリともいう。これらははねがなく、生殖能力をほとんど失った雌(アリ)または雌雄(シロアリ)で、巣の内外の労働、すなわち卵、幼虫、蛹(さなぎ)の世話、巣づくりや巣の清掃、餌(えさ)の採取や運搬などを行う。種類によっては、大形の働きアリと小形のものがおり、それらの仕事の内容は異なっている。また、働きアリの年齢によって労働が内役から外役へ変化していくことが知られている。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の働きアリの言及

【アリ(蟻)】より

…女王(雌)アリを中心に家族的な集団(コロニー)で生活する。働きアリという無翅の階級が存在すること,胸部と腹部の間に1節,または2節の腹柄節という小型の独立した体節があること,雌アリと働きアリの触角は第1節(柄節)が長くのびて第2節以下とはひじ状に接続するなどの特徴をもつ。 原則的に雄アリ,雌アリおよび働きアリの3階級(カースト)がある。…

【社会性昆虫】より

…コロニーはおもに繁殖を担当する個体(女王。シロアリでは女王と王)と,それ以外の育仔(いくし),採餌,防御などに従事するワーカーworker(働きバチ,働きアリ)によって相補的に運営される。この場合〈社会性〉という言葉が,ごく特殊な意味で用いられている点に注意する必要があり,むしろカースト制昆虫といった方が正確であろう。…

※「働きアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

働きアリの関連情報