コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僻案 ヘキアン

デジタル大辞泉の解説

へき‐あん【×僻案】

かたよっている考え。まちがっている考え。自分の考えをへりくだってもいう。愚案愚考
「―条々、愚意にまかせていささか左にしるす」〈連理秘抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へきあん【僻案】

かたよった考え。
自分の考えをへりくだっていう語。愚考。 「 -の条々、愚意にまかせていささか左にしるす/連理秘抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僻案の関連キーワード僻・劈・壁・璧・癖・碧荷田春満旧宅藤原定家古今伝授田中元勝荷田春満僻案抄愚意