コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連理秘抄 れんりひしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連理秘抄
れんりひしょう

南北朝時代の連歌学書。二条良基著。2巻。正平4=貞和5 (1349) 年成立。『僻連抄』は本書の初稿本。前半は連歌沿革,句作の心得,付様,賦 (ふし) 物,嫌 (きらい) 物,風体,会席などについて述べ,後半は,連歌式目を「建治の新式」を指南としていちいち具体的な例をあげて説く。前半は連歌に対する良基の初期の考えを知るうえの貴重な資料で,後半はまた『連歌新式』の原型として意義がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れんりひしょう〔レンリヒセウ〕【連理秘抄】

南北朝時代の連歌論書。1巻。二条良基著。正平4=貞和5年(1349)ごろの成立。「僻連抄」を改訂したもの。前半は連歌の沿革、作句の心得などを述べ、後半は式目で、「応安新式」のもととなるものと考えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんりひしょう【連理秘抄】

連歌論書。一巻。二条良基著。1349年頃成立。草稿本とみられる「僻連抄」を改稿したもの。連歌を詠む心得・付句などを論じた前半と、式目を述べた後半とから成る。後半の式目は、「応安新式」に発展してゆくものとして重視される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連理秘抄
れんりひしょう

二条良基(よしもと)作の連歌(れんが)論。初め『僻連抄(へきれんしょう)』の名称のものが1345年(興国6・康永4)に書かれ、改訂を重ね、49年(正平4・貞和5)に、当時の地下(じげ)連歌師の第一人者であり、良基の協力者でもあった救済(きゅうせい)の校閲を経て完成したらしい。連歌の歴史の展望に始まり、連歌制作に必要な基本的事項をよく網羅してある。また当時の式目(しきもく)が付載されているが、いわゆる「連歌新式」の母型となるものと考えられる。[奥田 勲]
『木藤才蔵・井本農一校注『日本古典文学大系66 連歌論集・俳論集』(1961・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

連理秘抄の関連キーワード植え物・植物南北朝時代あいしらい取り寄る心有り治定腐す俳論救済付句応安雑体僻案細細奥旨奔波会者張行輪説致景

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android