コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優婆塞・優婆夷 うばそくうばい

世界大百科事典 第2版の解説

うばそくうばい【優婆塞・優婆夷】

優婆塞(サンスクリットupāsakaの音写。清信士・近事男などと漢訳される)は男性の在家信者,優婆夷(サンスクリットupāsikā,その俗語形uvāyiの音写。漢訳は清信女・近事女など)は女性の在家信者のこと。五戒を守り,出家に近侍して世話をする。もともと在俗男女の仏教信者のことであるが,日本,とくに奈良時代には民間の宗教者を指していた。半僧半俗的な生活形態をとり,山林にあって修行し,呪術にたけていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

優婆塞・優婆夷の関連キーワード優婆夷・優婆塞本朝法華験記

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android