コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元湯温泉 もとゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元湯温泉
もとゆおんせん

栃木県北部,塩原温泉郷の一湯。大同元 (806) 年発見と伝わる塩原温泉郷の発祥地で,元湯千軒と呼ばれるほど繁栄したが,万治2 (1659) 年の山津波で被害を受け,現在は少し離れた赤川沿いに数軒の宿がひっそりと立っている。泉質は単純泉。泉温は 50~54℃。胃腸病や神経痛によく,長期滞在の療養客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

元湯温泉の関連キーワード朝日県立自然公園温泉郷めぐり朝日町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android