コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万治 マンジ

デジタル大辞泉の解説

まんじ〔マンヂ〕【万治】

江戸前期、後西天皇の時の年号。1658年7月23日~1661年4月25日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まんじ【万治】

年号(1658.7.23~1661.4.25)。明暦の後、寛文の前。後西ごさい天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

まんじ【万治】

日本の元号(年号)。江戸時代の1658年から1661年まで、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は明暦(めいれき)。次元号は寛文(かんぶん)。1658年(明暦4)7月23日改元。前年の明暦の大火)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『史記(しき)』『貞観政要(じょうがんせいよう)』を出典とする命名。万治年間の江戸幕府の将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。3代将軍の徳川家光(いえみつ)が1651年(慶安4)に死去し、11歳の家綱が第4代将軍となったが、その治世は叔父の保科正之(ほしなまさゆき)や大老酒井忠勝(ただかつ)、老中松平信綱(のぶつな)らの補佐により、比較的安定した政治が行われた。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

万治の関連キーワード長野県諏訪郡下諏訪町東山田雲林院文蔵(7代)勧修寺御門跡寛俊大砲万右衛門四野宮弥四郎東海道名所記盆踊り口説きお満流の方荒木武兵衛小島佐平次昌雲軒清春六方俳諧山田正重大橋宗伝飯田東渓大坂伝蔵下り薩摩宣如上人毛利綱広定火消し

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万治の関連情報