コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元素普存律 law of ubiquitous existence of elements

1件 の用語解説(元素普存律の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

元素普存律【law of ubiquitous existence of elements】

天然産物試料には,絶対純粋なものはありえない.元素の検出手法が進歩したら,きわめて純粋な試料でも,その中にあらゆる元素の存在が確認できるだろうという経験律.レニウムの発見者であるノダック夫妻(W. Noddack,I. Noddack(旧姓Tacke))の提案したものである.ノダック夫妻は当時確認されていた1200種に及ぶ鉱物のうち600種の分析を行い,ほとんどすべての場合に白金族元素ゲルマニウムなどの希産元素が含まれていることを確認して,この提案を行った.そのために「ノダックの法則」と呼ばれることもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元素普存律の関連キーワード液体酸素カーバイドシリカ水晶セルロイド黄燐天産物二酸化珪素アリエスカ紫燐

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone