元素普存律(英語表記)law of ubiquitous existence of elements

法則の辞典の解説

元素普存律【law of ubiquitous existence of elements】

天然産物試料には,絶対純粋なものはありえない.元素の検出手法が進歩したら,きわめて純粋な試料でも,その中にあらゆる元素の存在が確認できるだろうという経験律.レニウムの発見者であるノダック夫妻(W. Noddack,I. Noddack(旧姓Tacke))の提案したものである.ノダック夫妻は当時確認されていた1200種に及ぶ鉱物のうち600種の分析を行い,ほとんどすべての場合に白金族元素やゲルマニウムなどの希産元素が含まれていることを確認して,この提案を行った.そのために「ノダックの法則」と呼ばれることもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android